固定電話を利用するなら電話加入権があると便利

固定電話の必要性とは?

以前は、各家庭に1台固定電話がありました。しかし、携帯電話が普及したことで固定電話の数が少なくなってきています。そんな時代なので固定電話が必要かといえば、疑問を持つ人もいるでしょう。ですが、会社を経営するにあたって固定電話はとても重要なアイテムになります。

固定電話の便利さを知ろう!ランキングでご紹介

no.1

信頼性があると判断されやすい

固定電話が会社や家庭にあることは、「連絡先が明確になっている」というので信頼性があると判断されやすくなります。特に会社は、取引先との連絡を取ることが多いので、固定電話を設置しておいたほうが社会的信頼を得やすくなります。

no.2

銀行の審査が通りやすくなる

上記でもご紹介した通り社会的信頼を得やすくなるので、銀行から融資を受けるときの審査が通りやすくなります。携帯電話だけだと審査が通らない可能性もあるので、会社で融資を受けるのなら固定電話は必要でしょう。

no.3

災害時に繋がりやすいから安心

ここ数年日本は、大きな地震などによる災害を受けることが多くありました。災害の被害を受けた人との連絡手段は、ほとんどが携帯電話でしたが、繋がりにくい状況が続くことが多かったようです。しかし、そんな中、固定電話はスムーズに繋がったといわれているので設置しておくと安心できます。

no.4

複数の固定電話を置くと便利

会社ともなれば、さまざまな取引先から電話がかかってくるので1台だと大変です。場合によっては、大事な話を逃してしまうことだってあるでしょう。しかし、固定電話を複数台設置しておけば、そんな問題がなくなります。

no.5

広告などに載せやすい

携帯電話だけだと広告に載せるとトラブルが起こることがあります。しかし、固定電話を広告に載せていてもトラブルに発展することがほとんどありません。また、固定電話があるというので信用されやすくなるので会社への問い合わせ数が増えることだってあります。

固定電話を利用するなら電話加入権があると便利

固定電話

固定電話を設置するとき

固定電話を設置するときは、まず電話加入権を取得しなければいけません。これは、固定電話の回線を引くために必要なもので必ず取得しなければいけません。取得する方法は、手続きを行なう必要があります。手続きには、必要な書類を用意したりなど準備が必要になります。

手続きを簡単にする方法

電話加入権の手続きは、個人で行なうとなったら結構面倒です。ですから、電話加入権の取得を行なってくれる業者を利用することをおすすめします。この業者に手続きをお願いすれば、即日で電話番号を取得することも可能ですし、その場でわからないことを質問できるので便利です。

デメリットもあるから相談を

固定電話を設置するために電話加入権を取得するとなれば、場合によってはデメリットになることがあります。しかし、このデメリットは会社によって違うので、業者に相談してみるとよいでしょう。そうすれば、デメリット部分をカバーできるように色々と提案してくれます。

電話加入権を取得する前に確認すること

何台の電話を設置するのか決める

電話加入権を取得する前にどれほどの電話を設置するのか決める必要があります。従業員の数や会議室の多さ、受付、部署の数などに合わせて決めるようにしましょう。

電話番号の数を決める

会社によっては、主に利用する電話番号や各部署の電話番号、FAX番号などを分けているところがあります。そのため、これから電話加入権を取得するのなら、電話番号の数も決める必要があります。

プラン内容を確認する

電話加入権の手続きを行なうときは、プランを決める必要があります。会社にとって必要なプランはどれなのかを把握するために、取得する手続きを行なう前にどんな内容なのか確認しておきましょう。

オプション内容を確認

最近は、電話加入権の業者で手続きを行なう場合、便利なオプションを付けることができます。取得してからオプションを付けることは可能ですが、取得前につけておいたほうが手続きがスムーズになります。

広告募集中